第1クール
(第1話〜第13話)
第2クール
(第14話〜第30話)
第3クール
(第31話〜第40話)
第4クール
(第41話〜第50話)

 
■ザフト

■地球連合 ■オーブ
 
ヤキン・ドゥーエ攻防戦後、独立を回復したオーブ連合首長国の代表首長を務める。 政治的な御輿として担がれた面が強いといわれるも、彼女なりの強い思いで再び戦争がおこらないよう、地球連合・プラント間を奔走している。
 
 
第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦後オーブに亡命し、代表首長となったカガリをサポートしている。デュランダルとの極秘会談に臨んだ彼女のガードとしてアーモリーワンに随行していた。公には現在、「アレックス・ディノ」という別名を名乗っている。
 
 
ウナトの息子であり、カガリの婚約者でもあるセイラン家の跡取り。長い髪の女性を好む
 
 
オーブの五大首長の一つセイラン家の長。宰相として代表首長であるカガリを助けてはいるが、実質的にはオーブの政治を取り仕切る。
 
 
ヤキン・ドゥーエ戦後に、オーブのマルキオ導師の元に身を寄せ、ラクスや孤児達と共に静かな日々を送っていた。ユニウスセブン落下事件後、新たなる戦いが始まったことを感じとり、静かな暮らしは、終止符が打たれようとしている。
 
 
ヤキン・ドゥーエ戦後、政治の表舞台から去り、キラ親子と共にマルキオ導師の元で孤児達の面倒を見ながら静かに暮らしていた。しかし、その求心力を看過することができない人間に狙われる。
 
 
戦後にその居住地をオーブに移し、現在は「マリア・ベルネス」という偽名を名乗っている。モルゲンレーテ社の造船課で働いている。
 
 
ヤキン・ドゥーエの戦いの後に軍を去り、オーブに移る。その身を隠してはいるものの、日々情報収集は怠らない。コーヒーを深く愛する男。愛称はアンディ。
 
 
第二次ヤキン・ドゥーエの戦いを生き残った後に、フリーカメラマンとなりカメラを携え世界中を駆け巡る。
 
 
盲目の導師。前大戦終了後、オーブ近海のアカツキ島で、キラとラクスそして、戦災孤児たちと共に静かに暮らしていた。
 
 
71年のオーブ侵攻作戦のさい戦火に巻き込まれ、両親と妹を目の前で失ったシン・アスカを保護する。その後軍に残り、オーブ艦隊の指揮を執る。