第1クール
(第1話〜第13話)
第2クール
(第14話〜第28話)
第3クール
(第29話〜第39話)
第4クール
(第41話〜第50話)

 
■ザフト

■地球連合 ■オーブ
 
ユニウス条約の締結後に開発されたザフトの最新鋭MSであり、アーモリーワンにおける機体強奪を免れたシン・アスカの搭乗機。 条約により核エンジンの使用が禁止された為、新たにデュートリオンビーム送電システムを採用している。これは遠隔地からワイヤレスでのエネルギーの供給を可能とする機構であり、これによって母艦が存在する限りエネルギー切れが(基本的にではあるが)無くなった。またコアスプレンダーという戦闘機に変形可能な独立型のコクピットやシルエットシステムと呼ばれる武装換装機構を取り入れることにより様々な戦局に応じて、瞬時に戦術を対応させることが出来る。
 
フォースインパルスガンダム
[ZGMF−X56S/α

インパルスガンダムがフォースシルエットを装着した状態。高機動戦闘を重視した形態であり、ビームライフルとビームサーベルが主要武装。
ブラストインパルスガンダム
[ZGMF−X56S/γ]

ブラストシルエットを装着したインパルスガンダム。砲戦意識した装備形態であり、その重武装は絶大な火力を誇る。
ソードインパルスガンダム
[ZGMF−X56S/β]

ソードシルエットを装着したインパルスガンダム。そのコンセプトは接近戦仕様であり、巨大な対艦刀を2本装備している。

チェストフライヤー
インパルスガンダムの上半身構成パーツ。ミネルバから射出される。
レッグフライヤー
インパルスガンダムの下半身構成パーツ。コアスプレンダー、チェストフライヤーと合体してインパルスガンダムになる。
コアスプレンダー
小型戦闘機としても使用する事ができる独立型のコクピット。ミサイルランチャーや機関砲など武装は小型ながら充実している。
 
 
ザフトが停戦後に開発した新世代MS「ニューミレニアムシリーズ」の記念すべき第1期モデル。装備や武装を追加・変更することで様々な戦局面に対応することが出来る次期主力兵器。
 
 
ザフトが新たに開発したニューミレニアムシリーズMS「ザクウォーリア」の砲戦仕様。背部に高エネルギー長射程ビーム砲「M1500オルトロス」と大容量エネルギータンクを合わせた「ガナーウィザード」を装備し絶大な火力を誇る。ザクウォーリアのスタンダードカラーは緑色であるが、エース級パイロットや隊長クラスに限り、機体をパーソナル使用に変更することを許されているらしい。
 
 
ザクファントムは主に隊長クラスのパイロットが搭乗するザクの上位機種である。このスラッシュザクファントムは近接戦用パック「スラッシュウィザード」を装着した形態で、両肩にガドリングビーム砲と腰部に巨大なビームアックスを装備している。
 
 
ザクウォーリアの上位機種。主に指揮官クラスが搭乗する。ウォーリアと同じくバックパックの武装変更により様々な戦局に対応出来る。その属性からパーソナルカラーの機体が多い。
 
 
ザフトの特殊部隊の使用する最新鋭の機体。水陸両用タイプであり、通常の戦闘に用いられることよりも、隠密行動などが重視される特殊戦で多く運用される。腕には汎用性の高いマニピュレーターではなく、固定武装として鋭利な爪を装備している。
 
 
ザフト量産MS。前大戦の末期に投入されたゲイツのマイナーチェンジヴァージョンである。シールドと腰部のエクステンショナルアレスターがレールガンに変更されている。
 
 
ザフトの重MS、ザウートの改良型。両肩のキャノンがビーム砲に2連副砲が大型ミサイルに変更される等、ザウートに比べ火力がより強化されている。
 
 
高機動型ジンのバリエーションの一つ。ビームライフルや盾、サムライソード型の刀等特殊な兵装を持つ。ユニウスセブンを落下させたテロリストも使用した。
 
 
ジンのバリエーションの一つで、公的な行事や式典などに使用するためのジン。肩や背中などにマイナーチェンジが施されており、本物の木をした趣のある実銃を装備している。
 
 
ガンダムの運用艦として建造されたザフトの新鋭艦。セカンドシリーズMSの、デュートリオンシステムに対応するデュートリオンビーム発信機を持ち、インパルスガンダムにエネルギーを供給する。足自慢と呼ばれるだけあって、機動力は高く、また、多数の火器を装備し、戦闘力も高い。
 
 
中性子を暴走させ、核を暴発させる事ができる「ニュートロンスタンピーダー」を装備したナスカ級。ニュートロンスタンピーダーは、いまだ研究段階で実戦配備はまだできていない。
 
 
大型の宇宙空母。ザフト最大級の艦船でカタパルトは16基と桁外れの艦載能力を持つ。その戦力はザフトの中核を担い、また機動力もあることから他の艦船との艦隊行動も可能である。