第1クール
(第1話〜第13話)
第2クール
(第14話〜第28話)
第3クール
(第29話〜第39話)
第4クール
(第40話〜第50話)

 
■ザフト

■地球連合 ■オーブ ■アークエンジェル
 
ラクスの暗殺未遂を機に、穏やかな日々に終止符を打ち、再びその力を纏う。この戦いを止めるべく、平和への新たな道を、アークエンジェルの仲間と共に模索している。戦う事は本意ではないが、悲しみの元凶である戦争を断つべく武器をとる。
 
 
キラや戦災孤児たちと静かな隠遁生活をすごしていたが、自らの暗殺未遂をきっかけに、迷いを断ち、平和を求め、キラと共にアークエンジェルで旅立つ。その後、真実を確かめるべくプラントへ行く決意をする。
 
 
ユウナとの結婚式の最中、キラ達によって助け出される。母国オーブを去り、平和を求め独自の道をとるアークエンジェルと共に行動することとなる。その後に、地球連合の同盟軍として戦いに参加するオーブ軍に、カガリ自らがMSストライクルージュに乗り込み、戦闘停止とオーブの持つべき理念を説くのだが・・・。
 
 
キラや、バルトフェルドたちと平穏な日々を過ごしていたが、再びアークエンジェルの艦長となり、その指揮を執る。その能力は衰えを感じさせない。
 
 
刻々と変わる世界状況に目を配りつつ、コーヒーを深く愛する隠遁生活を送っていたが、ラクスの暗殺未遂を機に「砂漠の虎」が復活する。アークエンジェルで指揮をとることが多いが、時には専用カラーリングのMSムラサメで、戦場を駆け巡る。
 
 
戦後はオーブにて、一市民として過ごしていたと思われる。再び、整備服に袖を通し、アークエンジェルのメカニックマンとして尽力する。
 
 
第二次ヤキン・ドゥーエの戦いを生き残った後に、フリーカメラマンとなりカメラを携え世界中を駆け巡る。
 
 
大戦後にオーブに潜伏していたのであろうか。マードックと合流の後にアークエンジェルに戻り、操縦桿を握る。
 
 
第二次ヤキン・ドゥーエ戦の後の詳細は不明だが、再びアークエンジェルクルーとして復帰する。