■PHASE_27「届かぬ想い」
 
海原を行く宇宙艦というのも美しい

地球連合軍の艦船の名称は宇宙艦、地上艦を問わず基本的に歴史上の軍人や英雄からその名を取っている。前作から登場していたアガメムノン級、ネルソン級、ドレイク級はそれぞれトロイア戦争で活躍したギリシアの総大将、18世紀のイギリス海軍の英雄、同じく16世紀後半イギリスの海賊兼海軍司令(昔から国あげてかっぱらいやって、あげくに大英博物館つくっちゃう度胸が好き。流石はモンティ・パイソンを産んだ国。根性の入り方が違う)からであり、第8艦隊の旗艦であったメネラオスはアガメムノンの兄弟である。 この話に登場するファントムペインの旗艦「JOHN PAUL JONES」もこの例に漏れず「アメリカ海軍の祖」と呼ばれる軍人であり、名言「戦いはこれからだ!」を残した人物である。尤もこの台詞、後に書かれた伝記の中で登場するらしいのだが。

 
  BACK   INDEX   NEXT