■PHASE_30「刹那の夢」
 

小ネタを一つ。トダカ一佐の遺志を継ぎ、タケミカズチを退艦してアークエンジェルと合流したオーブ軍のリーダー格アマギ一尉。何回か前に書いたがオーブの人間はトダカ、ババ、ニシザワ、イケヤなど和名が多い(因みに通称ムラサメ三人男の名は某スタジオの人間から取ったとか取らなかったとか)、そんな中に後半で登場したソガ一尉。アマギとソガ。元々シナリオ上にはソガは存在せずコンテ作業時に付けられたようである。登場はしていないがフルハシもいたのだろうか?さて真相は如何に? ストライクルージュの話。前回から引き続き登場したこのMS。設定ではシードの余剰パーツなどを元に機関部に改良を施してオリジナルより多少ながら高性能となっている(あくまでもパイロットの技量は除いてということでだが)。さらにルージュにはVPSの前身である改良型のPS装甲が使用されているのだ(キラがOS弄ると機体色が変化するのはその理由です)。実質この機体はカガリの専用機となっている為、肩部にパーソナルマークが付けられている。このマークを使用するアイデアとデザインはメカ作監の重田氏だが、獅子(アスハ家の象徴)の銜えているユリのアイデアを出したのはカガリ役の進藤尚美さんであるらしい。因みに前述のストライクカラーになったストライクルージュ(あぁ、ややこしい)であるが、PS装甲で無いシールドと目の色だけがルージュのまま変化していない。

 
  BACK   INDEX   NEXT