■PHASE_43「反撃の声」
 

ザク、グフと来たらお次はやはりドムと来るのがお約束であるのだが、ところがお約束でも何でも無く後半に向けてのMS追加の際にSフリーダムなどと同時に出てきたアイデア。確かメインスタッフのどなたかが「出さないのですか?」と言ったのが切っ掛けらしい。まぁ実際の所はそう単純では無いだろうが、出すことになったら色々とやりたいネタが多くなってきたようだ。バズーカーは実弾とビームのコンボになったし、ビームシールドとザクと兼用できるウィザードシステムもついた(模型的にはガナードムトルーパーやブレイズドムトルーパーも出来るのだ)。そしてオリジナルでは出力面で単なる目眩ましになっていた胸のフラッシュがお馴染みジェットストリームアタックの際に「面のビームサーベル」を形成するための重要な機構に昇格していたわけだ。(勿論森田繁氏が頭を捻ってくれた)さらにアタック自体も様々なアイデアが出ており、ストライクを交えての4連やドム自体を増やしての技、宇宙で仕掛ける場合の立体版などなど面白かった。結局、地面が無いと様になり難いといことでお披露目はオーブでの助っ人ということになったのだが、旧作に対する思い入れは人それぞれに熱い物を持っているなと感じたドムのお話でありました。

 
  BACK   INDEX   NEXT